MENU
CLOSE

NOW LOADING...

公開は終了いたしました。
ご来場いただき誠に
ありがとうございました!

工芸4年3専攻6人展  三つ巴

三つ巴

北村ひのか 白子愛梨

北村ひのか/硝子
【作品名】ヒビ
吹きガラスに細かいヒビを入れてから染料に漬け、中にライトを当てて色づくガラスに入るヒビの美しさを表現した。
【作品名】命
赤い小さな球体は生物の卵をイメージし、その卵が集まり命を形成している様子を表現した。

白子愛梨/硝子
【作品1】吸って、吐いて。
吹き上げたガラスを「息の膜」であるととらえ、それらの表面を削ることによって自身の手跡を残した。これらの球は私自身の「呼吸」そのものであり、私は息をすることと同じように素材を触り続けている。全90個のガラス球を並列に並べた展示である。
【作品2】空気の形
空気がガラス内に入ったことにより、その姿は可視化される。「泡」と称されるそれらは私自身の息であり、ガラスの表面張力と私が吹き込む息の押し付けあう力により、その形は形成されている。
【作品3】テーブルウェア
【作品4】花器

instagram.com/shirako_art