MENU
CLOSE

NOW LOADING...

公開は終了いたしました。
ご来場いただき誠に
ありがとうございました!

あおし「た」展

あおした展

田代 実桜

世は常に動いている。ものごと、時間と。
その中で水はどうなのだろう。いろんな形状がある。水分と言うと私たち人間の体内にもある。なくてはならない身近な存在だ。彼らは一体どんなふうに動くのかを表現、または撮影したものになる。
【air1】海水の面白さと不気味さ。それらを描いたものに波の動きをつけた。
【air2】海の波。そっくりそのままの同じ波の形は二度とできない、波というのは一瞬で姿を変える。それを物体、個として捉えた。
【air3】水越しに見える世界はどう見えるか。たくさん玉ねぎ切ったのかな。

水。ふと気にしてみるとそこが知れない愉快さと不気味さがある。

他の物体ではどうだろうか。
たくさん動くこの世界でどんな動きと出会えるだろうか。