MENU
CLOSE

NOW LOADING...

公開は終了いたしました。
ご来場いただき誠に
ありがとうございました!

バグッ展

バグッ展

『昆虫標本・裏』 作品1キャプション:油彩 910×727

室井那菜子

今回バグをテーマにした団体展示ですが、何を描こうか悩んでいた時、元々バグ(bug)には「悪さをする虫」という意味があると知り、昆虫をモチーフに描くことにしました。
取材がてら地元の昆虫館へ行くと、とても美しい構造と鮮やかな色に溢れており、大変驚きました。それと同時にふと、昆虫のほとんどは背(羽)を向けて展示されており、腹の方は裏側であるという意識があることに気づきました。
昆虫の裏側は足や羽のつき方や、蛇腹のような腹部の構造がよく分かります。
今回の絵では、鮮やかな蝶の「裏」に、あらゆる「裏」のイメージをのせて描いてみました。