MENU
CLOSE

NOW LOADING...

公開は終了いたしました。
ご来場いただき誠に
ありがとうございました!

ちぐはぐ紀行文

ちぐはぐ紀行文

ふぬ

追悼と明日への1歩

花の飾られた人間の像は葬式をイメージして制作しました。光の加減で不気味に装飾によって美しく、表情になんとも言えない神秘性から死を感じられるような作品になるように工夫しました。祖母の死をきっかけに作った作品です。翼の生えた狼はそこから1歩踏み出せるように願って作りました。どの角度から見ても美しく見えるようなポージングに拘りました。力強さと怒りと逞しさを感じ取っていただければ幸いです。